プロミスの総量規制

消費者金融には総量規制というものがあるのですが、皆さんはご存知でしょうか?
こちらの規制は、ご自分の年収の3分の1までしか借入が出来ませんよ、という決まりの事なのです。
以前はご自分の作った借金の返済が出来ずに自殺者や自己破産をしてしまう人が多かったのです。
少しでもそう言った方を減らすため、そしてプロミスなどの貸付業者がきちんと回収できることを狙って作られた決まりなのだとか。(*プロミス審査
そのため、消費者金融はあまり多くの現金を借りられないようになってしまっているのです。
もし、この総量規制に引っ掛かってしまうと新規借入が出来なくなってしまいますので、十分な注意が必要になります。
規制に引っ掛かってしまったからと言って、すぐに今ある借金を返済してほしいと催促されるようなことはありませんが、早めの返済を心がけた方が良さそう。
だれもがこの法律に対して賛成していると言うわけではないのです。


プロミスだけじゃない規制

この規制があるのは消費者金融とクレジットカード会社なのです。
クレジットカードだけで3分の1と言うのではなくて、クレジットもカードローン、キャッシングも含まれているので、覚えておいていただけますと嬉しいです。
全てを合わせて3分の1を超えてしまった際は、何も利用出来なくなってしまいますので、返済を優先させる必要があります。
また、ご自分の年収が少ない方は、それだけご自分が借りられる金額も少なくなってしまうという事になってしまうのです。
だからこそ、計画的に利用しなければうまく使う事がなお大事となってくるわけなのです。
プロミスも規制の対象になっておりますが、銀行は総量規制の対象外となっています。
銀行は総量規制の対象外となっている理由は、借入ではなく、あくまでも融資と言う形を保っているからなのです。
借りすぎに注意!

問題視されている?

こちらの規制についてなのですが、実は賛否両論となっており問題視されています。
プロミスなどを利用して、借金を返済していく際、本人が払うことが出来ないと言えば、やはり自己破産の手続き入ってしまいます。
どんなに規制を設けたとしても、自己破産するものもいれば自殺を考えている方もいらっしゃいますので、あまり意味がないのかもしれません。
また、プロミスなどの消費者金融を利用することのできない消費者金融難民まで年々増えている様子
その規制のせいで、闇金融に申し込みをしてしまう方も増えてきているようです。
その為、現在こちらの規制について見直しの声があがっています。
普段からしっかり利用している方々にとってはつらい事ですので、少しでも早く見直してもらえるといいですよね。
ちなみに、おまとめローンは規制の対象外なので安心して利用出来ます。
皆さんもこの規制には十分気を付けましょう!

プロミスの利用限度額